Home / Crypto News (page 2)

Crypto News

Coinbase reveals that it is considering listing eight currencies

coinbase-reveals-that-it-is-considering-listing-eight-currencies

Translating… kazCRYPTO TIMES公式ライター スイスの高校を卒業し、アメリカの大学に通う大学生。去年の6月に仮想通貨に参戦し、その面白さと魅力にハマり投資を始めました。 米大手仮想通貨取引所Coinabseは6日に公式ブログを更新し、新たに8種類の通貨の上場を検討していることを明かしました。詳しい上場時期は未定となっています。 今回発表されたのは以下の8種類で、Binance Launchpadで話題になったMatic NetworkやHarmonyも含まれています。 Algorand(ALGO) Cosmos(ATOM) Dash(DASH) Decred(DCR) Matic Network(MATIC) Harmony(ONE) Ontology(ONT) Waves(WAVES) Coinbaseは、全ての通貨に対して法に準拠した高水準なサポートを提供することがゴールだとし、将来的には、仮想通貨市場の時価総額全体のうち90%に相当する通貨を取り扱いたいとの意向を示しました。 同社は通貨の上場に際してデジタル資産フレームワークと呼ばれるチェック項目を設けており、プロジェクトの内容と照らし合わせることで評価しています。 また、一部の地域では規制当局の承認が必要な場合があるため上場の時期は未定となっており、地域別に上場する可能性があることも示唆しました。 記事ソース: Coinbase Blog 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: kaz【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://festyy.com/w3hyS2 Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, ...

Read More »

MasterCard recruits jobs in crypto asset settlement and wallet

mastercard-recruits-jobs-in-crypto-asset-settlement-and-wallet

Translating… そち【CRYPTO TIMES公式ライター】CRYPTO TIMES 公式ライター 2017年8月に仮想通貨に手を出し、海外留学中に自作マイニングリグを作りマイナー活動開始。留学から帰国した後、ライター始めました。好きな食べ物はアヒージョです。 世界的な決済企業であるマスターカードが、暗号資産決済およびウォレットの分野で求人を出していることが明らかになりました。 今回募集されている関連求人は以下の3種となっています。 Director, Product Management-Crypto Currency/Wallets (暗号資産通貨・ウォレット関連のプロダクトマネジメント) VP, Product Management-Blockchain/Crypto (ブロックチェーン・暗号資産関連の副部長) Director, Product Development & Innovation-Blockchain Solutions Architect (ブロックチェーンソリューションアーキテクト分野での事業開発) 界隈では、マスターカードが暗号資産ウォレットを立ち上げることを計画しており、開発に関連するポジションを募集し始めたのではないかと予測されています。 マスターカードは、フェイスブックの独自仮想通貨プロジェクト「リブラ」の初期参画メンバーの1社でもあるため、リブラに関連する自社ウォレットである可能性も挙げられます。 フェイスブックは、リブラ構想を明らかにする前年、2018年12月からブロックチェーン関連のポジションを正式に募集していたこともあり、今後のマスターカードの仮想通貨・ウォレットソリューションに注目が集まります。 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: そち【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://festyy.com/w3hyHh Disclaimer: CoinNewsDesk.com ...

Read More »

US Federal Reserve Board (FRB) announces development of real-time payment system, will it become a competitor to Libra?

us-federal-reserve-board-(frb)-announces-development-of-real-time-payment-system,-will-it-become-a-competitor-to-libra?

Translating… Security check by BitNinja.IO Author: Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://festyy.com/w3hyK5 Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and content curator/aggregator. Articles on Coin News Desk are provided for entertainment and informational purposes only. We are ...

Read More »

Rakuten ・ President Mikitani led a new economic federation to submit “request for blockchain and cryptographic assets” to the finance minist

rakuten-・-president-mikitani-led-a-new-economic-federation-to-submit-“request-for-blockchain-and-cryptographic-assets”-to-the-finance-minist

Translating… 楽天の三木谷浩史社長が代表理事を務める一般社団法人「新経済連盟」は30日、政府にブロックチェーン技術や暗号資産の積極的な実用化や基盤整備を求める要望を金融大臣および関係大臣宛てに提出した事を発表しました。 同連盟は今年2月、イノベーションを阻害しない枠組みづくりを求める「暗号資産の新たな規制に関する要望」をすでに金融大臣に提出しています。 「ブロックチェーンと暗号資産に関する要望」と題された今回の要望は、日本をブロックチェーン・暗号資産の「世界のトップランナー」にするために以下のような具体策を求めています。 【ブロックチェーンに関する要望】世界のトップランナーを目指すべく以下を提案 1.政府は、各行政分野でのブロックチェーン活用の検討を 2.官民協議会を設置し、国内外の最新動向の共有、政府・自治体・民間のユースケース及び社会実装に向けた課題を洗い出すべき 3.ブロックチェーンが活用される社会にふさわしい法規制・監督のあり方や、民間発ビジネス創出の後押しをするために必要な支援、関係省庁横断的な機能の設置の検討を 【暗号資産新法に関する要望】 今後府令やガイドライン等の詳細を定める際は、セキュリティトークンやカストディ、ステーブルコインについて、現状の課題を十分に踏まえ、イノベーションを阻害しない規制の内容とすべき そのほかにも、2月の要望から引き続き、国会の付帯決議を踏まえた暗号資産取引における所得課税のあり方の検討も以下のように提案されています。 総合課税から、申告分離課税への変更 (税率は株やFXと同様に20%とする) 暗号資産間の交換は非課税とする 損益通算や損失の繰越控除を可能とする 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://ceesty.com/w3rk2f Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and content curator/aggregator. Articles on ...

Read More »

Future Bitcoin Price Forecasts Considered from US Rate Cuts and Gold Correlation

future-bitcoin-price-forecasts-considered-from-us-rate-cuts-and-gold-correlation

Translating… ビットコインですが、相変わらず出来高もあまりなく上下に髭をつける値動きが続いています。Tether裁判も結論は先延ばしになり、次はFOMCの利下げにどう反応するかが注目されています。 FOMCとは、アメリカ合衆国の金融政策の一つである公開市場操作(国債買いオペなどを通じて金融機関の資金需給を調節すること)の方針を決定する委員会のことです。  FOMCでは金融政策の調整を行っており、今回は利下げをするという風にみられていますが、それがクリプトマーケットにおける影響を過去の利下げ局面から考察してみました。 利下げ局面では一般的にはドル売りやゴールドが買われると言われております。先日考察したようにビットコインの価格とゴールドの価格には相関性がありました。 そのため、今回の利下げによってまたビットコインの価格も上昇するのでは?と言われておりますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。今までのFOMCの利下げとゴールドの価格との相関関係を調べてみました。 今までの歴史で利下げをした時期は下記の5つありました。 1989年6月5日 1995年7月6日 1998年9月29日 2001年1月3日 2007年9月18日 この時期のゴールドの価格を見てみます。 対象期間におけるFOMCの利下げとゴールドの価格推移 トレンドなどにもよる部分ももちろんありますが、利下げをしたからといってゴールドの価格が上がっているわかではないことがわかります。 この利下げというものも大きく分けて2つ存在しています。 連続的で大幅な利下げ局面(①④⑤のケース) 少数回の小幅利下げ局面(②③のケース) 2ではあまりゴールドにも影響がありません。そして今回の利下げは2のような形になるのではないかと言わております。 そういった点からも今回利下げが行われたからといってビットコインの価格が上昇するという根拠としては薄いのではないでしょうか。 もちろんどう価格変動するかはわかりませんが、現状その根拠のみを理由にビットコインのロングポジションを取るというのは無謀に思えます。 Author: Crypto Times 編集部 – Source Post: http://ceesty.com/w3rk3Q Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and ...

Read More »

Facebook “Libra may not come true”

facebook-“libra-may-not-come-true”

Translating… ゆっしCRYPTO TIMES公式ライター 三度の飯よりは仮想通貨が好きじゃない!2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAppsなどに興味を持つように。仮想通貨界の注目ニュースから注目のDAppsなどを紹介していきます。趣味は筋トレとギター(HR/HM)です。齢21。 米フェイスブックが、開発中の暗号通貨「Libra(リブラ)」を発行できない可能性があることを米証券取引委員会(SEC)に提出した資料の中で認めました。 提出されたレポートでは、現在リブラが規制当局や政府などから様々な調査を受けており、プロジェクトの進展に影響が及ぶ可能性が指摘されています。 また、同レポートの中でフェイスブックは「リブラや当社の関連サービス等が予定通りにリリースされる保証はない」とした上で以下のように述べています。 デジタル通貨やブロックチェーン技術に関する経験が我々にはない。このことがリブラプロジェクトや関連サービスの開発・販売を成功に導くことに悪影響を与える可能性がある。(一部要約) 先日、VISAの社長は「リブラに参画した企業は1つもない。VISAは拘束力のない覚書にサインをした段階だ。」と述べており、一般企業もリブラに対して慎重な対応を取っていることが伺えます。 VISA社長 「FacebookのLibra(リブラ)に正式に参画した企業は1つもない」と投資家へ向けて発言 記事ソース:CNBC 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: ゆっし【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://ceesty.com/w3rk4O Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and content curator/aggregator. Articles on Coin News Desk ...

Read More »

DApps '4 CAST' handled by LINE end of service at the end of August

dapps-'4-cast'-handled-by-line-end-of-service-at-the-end-of-august

Translating… ゆっしCRYPTO TIMES公式ライター 三度の飯よりは仮想通貨が好きじゃない!2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAppsなどに興味を持つように。仮想通貨界の注目ニュースから注目のDAppsなどを紹介していきます。趣味は筋トレとギター(HR/HM)です。齢21。 株式会社LINEが手掛けるDAppsサービス「4CAST」が8月26日を以ってサービスを終了することが発表されました。8月26日までに換金されなかったLINK Pointは、自動でLINEポイントに交換されるとしています。 同社が手掛ける知識共有プラットフォーム「Wizball」も9月にサービス終了することが発表されており、LINEがリリースしているDAppsで今後も提供される予定のサービスは残り2つとなります。 ・知識共有プラットフォーム「Wizball」 9月30日でサービス終了・未来予想プラットフォーム「4CAST」 8月26日でサービス終了・商品レビュープラットフォーム「Pasha」・グルメレビュープラットフォーム「Konomi」 LINEは昨年発表されたプロジェクトの中で仮想通貨「LINK」「LINK Point」の発行、仮想通貨取引所「BITBOX」の運営などを手掛けています。 LINEが手掛けるブロックチェーン・仮想通貨関連事業の主軸サービスの相次ぐ終了による今後の影響に注目が集まります。 LINEのブロックチェーン事業に関する詳しい内容はこちら↓ LINE株式会社とその親会社NAVERのブロックチェーン事業展開 記事ソース:LINE 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: ゆっし【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://destyy.com/w26e2e Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and content curator/aggregator. Articles on Coin ...

Read More »

VISA President “No company has officially participated in Facebook's Libra (Libra),” said to investors

visa-president-“no-company-has-officially-participated-in-facebook's-libra-(libra),”-said-to-investors

Translating… そち【CRYPTO TIMES公式ライター】CRYPTO TIMES 公式ライター 2017年8月に仮想通貨に手を出し、海外留学中に自作マイニングリグを作りマイナー活動開始。留学から帰国した後、ライター始めました。好きな食べ物はアヒージョです。 クレジットカード大手VISAのCEOであるAlfred Kelly氏は、今月23日に行われた投資家向けの収支報告会で、「FacebookのLibraに正式に参画が決まった会社は1つもない」と発言しました。 Facebookが暗号資産「Libra(リブラ)」の詳細を公式発表 – CRYPTO TIMES 収支報告の中で、ドイツ銀行のアナリストが「VISA社にとってLibraは、戦略的提携先の1つなのか、潜在的な脅威なのか?」と質問したのに対し、Kelly氏は「まずは事実を理解してもらう必要がある。どの企業もまだ正式には参画していない」と述べました。 同氏は「VISAは、リブラに参画するために拘束力のない覚書にサインをした。結果として27社がLibraの構想に興味を持っていることを明らかにしたが、正式に参画を発表した企業は1つもない」と続けました。 提携の最終的な決断は、リブラが規制面の課題などいくつかの要素にどのように対応するかによって決まるとした上で、Kelly氏は答えを求めるにはまだ早すぎる段階であるとを述べました。 関連記事 同じライターから 同カテゴリの人気記事 Author: そち【CRYPTO TIMES公式ライター】 – Source Post: http://destyy.com/w26e3y Disclaimer: CoinNewsDesk.com is a crypto news portal, financial discussion forum, and content curator/aggregator. Articles on ...

Read More »